>>トップページ >>肌のトラブル >>肌に必要な栄養素

肌に必要な栄養素 ビタミン、ミネラル、アミノ酸、オメガ3脂肪酸

亜鉛マグネシウムビタミンCビタミンB群・アミノ酸アルファリノレン酸

ミネラルビタミンの役割

人間の体の細胞は日々生まれ変わっており、今日もあなたの体の中でも古い細胞は死に、新しい細胞が生まれています。肌の細胞もそうです。古い 肌細胞が死んだものというのは、有名なことですね。この生まれ変わりを肌の新陳代謝といいます。

肌の新陳代謝が衰えると不健康な肌になるのは、なかなか新しい細胞が生まれてこないため、古い細胞が残ってしまい健康な肌にはなれないからです。

肌の新陳代謝には必要な栄養素があります。

とくに亜鉛というミネラルを使います。この亜鉛が極端に不足すると、肌の新陳代謝がうまくできなくなって発症する「腸性肢端皮膚炎」という皮膚炎があるくらい栄養素と皮膚の関係(皮膚だけではなく体全体の健康にですが)は、深いのです。あの美容成分コラーゲンにも亜鉛は不可欠なのです。

マグネシウムも肌の新陳代謝にはかかせないミネラルです。 肌の新陳代謝→肌のしくみと働き

肌の細胞の材料になるのはアミノ酸や脂肪酸(油)です。油という肌や健康に悪いイメージですが、細胞膜やホルモン、皮脂膜の材料になるので不足すると乾燥肌になりやすくなります。
しかし、摂り過ぎないことやバランスを考えた上手な摂取が必要です。植物油だから良いわけではありません。とくに今は脂肪酸の中でも、現在はアルファリノレン酸(オメガ3脂肪酸 DHA、EPAのもと)が、厚生労働省も指摘するほど不足しています。→油について


毎日の食事で栄養をバランスよく摂取するようにしましょう。肌と健康によい食事は「まごわやさしい」と言われます。まごわやさしいとは下記のような食事です。

大豆、あずきなど豆類のこと。タンパク質、マグネシウムの摂取に
ゴマ ナッツ クルミ アーモンドのこと。不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取に
わかめ コンブ のりなどのこと。ヨード、カルシウムの摂取に
野菜、根菜のこと。ベータカロチン、ビタミンCの摂取に
魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取に
しいたけ、しめじなどきのこ類のこと。多糖類、食物繊維の摂取に
じゃがいも、さつまいもなどイモ類のこと。食物繊維、炭水化物の摂取に
まごわやさしい食事とは

マゴワヤサシイ レシピ

マ=マメ、ゴ=ゴマ、ワ=ワカメ、ヤ=ヤサイ、サ=サカナ、シ=シイタケキノコ類、イ=イモなどビタミン、ミネラル、食物繊維などがバランスよく摂れるレシピを紹介。食材に含まれる各栄養素の説明や玄米のおいしい炊き方や手軽な炊き方、年代別の理想的なこんだてなど。

食品に含まれるミネラルやビタミンなどの栄養素は、栽培される土地などの条件に左右されます。基本的に無農薬、有機栽培、無化学肥料栽培、無添加食品の方がよい条件になるでしょう。添加物や農薬などの化学物質は、栄養素をからだの外に排出してしまうこともあります。

乳製品や肉類は消化するときに、アンモニアが発生したり、血液が酸性になるなど、からだに負担がかかります。たしかにカルシウムやタンパク質は豊富に含まれていますが、いくら栄養素が豊富に含まれていても消化、吸収できなければ害になったり、からだの外に排出するだけですから意味がないのです。さらにハムやソーセージに含まれるリン酸塩などの添加物がさらにカルシウムを体外に排出させてしまいます。

また、よく噛んで食べるようにしましょう。消化、吸収しやすくなります。よく噛むことで食物を細かくするだけではなく、消化を促したり活性酸素を消去する酵素を含んだ唾液がでてきます。

食生活に自信がない人、仕事が忙しい人、効果的に摂取したい人はサプリメントが有効です。ただし、単独で摂取するよりもバランスよく摂取した方が良いです。

ビタミンやミネラルは相互に関係しあっているため、特定のビタミン、ミネラルを摂りすぎると、反対に過剰摂取による症状がでてしまうからです。

単独で摂取する場合は過剰摂取を防ぐために、毛髪検査毛髪分析で自分のミネラルバランスの状況を検査してから摂取することをおすすめします。
>>口呼吸
※噛むときに口が開いたり、食べ物を口に入れるときに舌がでていませんか?そのような方は口呼吸をしている可能性があります。
口呼吸は乾燥した冷たい空気や細菌が、口から直接体内に取り込まれることで、口腔内・喉が乾燥し、粘膜に炎症が起こします。
風邪などにもかかりやすく、口臭・歯周病、いびきアトピーやアレルギーの原因となりますから、注意が必要です。

最近は食べ物に含まれるミネラルが減っていること(化学肥料栽培のため)、ミネラルの吸収や働きを阻害する合成物(添加物、農薬、水銀、ヒ素など)を食べ物から摂取しやすいことなどから、ミネラル不足の人が増えていますのでご注意ください。 

なかなか食事の改善が難しい方、忙しい方、ストレスが多い方、どうしても睡眠不足になる方、肌の状態が極端に良くない方はとくにサプリメントで補うことをおすすめします。

サプリメント 毛髪検査とは

皮膚に関わる栄養素           肌の新陳代謝→肌のしくみと働き

ビタミンA
肌(粘膜)を丈夫にし潤いを保つ
レバー・ニンジン・小松菜・チーズ・マーガリン・かぼちゃ・のりなどに多い。ビタミンAは、お肌だけでなく、鼻・のど・胃などの粘液を丈夫にし、異物の侵入を防ぎます。そのため、抵抗力を高め、風邪や病気にかかりにくい体にしてくれ、アレルギーも防いでくれます。

動物性のビタミンA(レチノール)は脂溶性のビタミンなので、油と一緒にとると吸収しやすくなりますが、過剰摂取すると体内に蓄積しますので摂取しすぎには注意が必要です。とくに妊婦さんは動物性のビタミンAに注意してください。

植物性ビタミンAのカロチンは体内に蓄積せず、余分な量は体外に排出されますので、とりすぎの心配は基本的にはありません。野菜から積極的にとりましょう。サプリメントの場合は野菜系のカロチン由来がおすすめです。



ビタミンB群
ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、葉酸、ビオチン、パントテン酸の8種類があります。とくに新陳代謝に関係しているビタミンB2が不足すると、正常な細胞が作られなくなり、最初に肌の表面に影響が出ます。ニキビや肌荒れ、口内炎です。水に溶ける水溶性ビタミンです。


ビタミンE
活性酸素の働きを抑え肌の老化を防ぐ。ごま油・モロヘイヤ・かつお・ナッツ類・まぐろ・かぼちゃ・胚芽パンに多い。
ビタミンEは、酸化を防ぐとともに血行を良くします。血行を良くすることで、お肌の新陳代謝も活発になりシミ対策に効果があります。また、活性酸素の働きを抑え、お肌の老化を防いでくれます。
ビタミンEは脂溶性のビタミンなので、油と一緒にとると吸収しやすくなります。また、ビタミンCと一緒に食べると、相乗効果で効果が高まります。


ビタミンC
保湿・鎮静・収斂・除菌・美白・活性酸素の消去・コラーゲン生成
パセリやブロッコリー、いちごなどで多く摂取できますが、農薬には気をつけましょう。ローズヒップティもおすすめです。コラーゲンの生成には亜鉛も同時に必要です。


亜鉛ジンク
皮膚の新陳代謝を行ったり、タンパク質、コラーゲン、活性酸素の消去に関わる酵素の生成に必要なミネラル。銅も必須ミネラルであり、亜鉛は銅とのバランスが大切。牡蠣やゴマ、小麦胚芽などで摂取できます。


マグネシウム
ATP(アデノシン3リン酸)の代謝、皮膚細胞の代謝に関わるミネラル。体内で古い細胞(たんぱく質)を分解し、新しいたんぱく質を合成するのに必須です。穀類、野菜、大豆などで摂取できます。カルシウムとのバランスが大切なミネラルです。


ヨウ素
不足すると皮膚や髪が乾燥しがちに。海藻類で摂取できます。過剰症に気をつけてください。


αリノレン酸(オメガ3脂肪酸・n-3脂肪酸)
アレルゲン(ダニ・ホコリ)から肌を守る。オメガ3系の油は炎症を起こしにくい油です。

オメガ3系油…フラックスオイル(亜麻仁油)、シソ油(エゴマ油)、魚類(特にイワシ・アジ・サバ) に豊富です。積極的に摂取しましょう。他に海藻類、冬野菜など。

反対にその他の植物油は炎症を起こしやすい油です。動物油だけでなく植物油、とくに酸化した植物油は活性酸素も過剰に発生させます。油物が良くないといわれるのはこのためです。動物性でなくても植物性でもバランスが悪いと肌に良くないのです。

レシチン
肌の一番上で皮膚を保護する皮脂の材料です。皮脂が不足すると肌を保護する力が弱くなります。また、細胞膜の材料にも必要で、細胞内に栄養素を取り込みますので、不足すると、栄養素を摂取しても細胞内に取り込みにくくなります。

油についてフラックスオイル・亜麻仁油


アミノ酸各種
たんぱく質を構成する物質でたんぱく質から摂取します。アミノ酸はさまざまな役目がありますが、体内で消化された、たんぱく質がアミノ酸に分解されて吸収再合成されるとコラーゲンや肌細胞のたんぱく質の材料になります。しかし、現在の日本では、たんぱく質は不足よりも過剰摂取や動物性に偏っていることが問題です。タンパク質の過剰摂取は、活性酸素の発生やカルシウム不足、アレルギーの原因となります。

とくに消化されず、アミノ酸に慣れなかったタンパク質がそのまま血液中に入ると食べ物アレルギーとなります。よく噛まない、食べすぎ、冷たいものの摂取は、消化不良を起こしタンパク質を消化させにくくし、アレルギーを引き起こす要因にもなるので注意しましょう。
消化には酵素がおすすめです。

コラーゲンやヒアルロン酸も肌に必要な栄養素ですが、これらは摂取しただけでは活用されません。体内でまずはきちんと消化・分解・吸収されてから、ビタミンやミネラル、酵素の働きによって再合成されます。

消化が悪かったり、とくにビタミン、ミネラルが足りないと再合成されないのです。体内で活用されるプロセスを踏まえて摂取しないと、意味がないので、お気をつけ下さい。



体内で過剰に発生した活性酸素は肌を内側から傷つけます。肌を傷つける活性酸素を消去するのは、体内にあるSOD酵素ですが、SOD酵素には亜鉛セレニウムなどのミネラルが不可欠だからです。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの抗酸化力(活性酸素を消去する力)も強いのでおすすめです。


肌を傷つける要因ミネラル&ビタミン肌のしくみ新陳代謝


ナチュラルウェブ厳選スキンケアナチュラルウェブスキンケア


有名スポーツ選手や芸能人など食生活指導で美容健康に実績
杏林予防医学研究所
スポーツ選手や芸能人等の食生活指導に実績のある山田豊文先生が所長を務める杏林予防医学研究所の検定、開発品が中心の高品質サプリメントや健康食品です、原材料は天然系素材を採用し、合成食品添加物は使用せずGMP取得工場で製造されています。
ビタミン:ビタミンC1000/ビタミンB群50/ビタミンB群100/ビタミンE/キッズビタミン/マルチミネラルビタミン ミネラル:マルチミネラルビタミン/亜鉛(ジンク)/セレン/マグネシウム 酵素:マルチザイム ファスティングファーストプラン オメガ3:フラックスオイル ◆アミノ酸:アミノキレートグルコサミンVIGOL レシチン




人気低刺激スキンケア
ATPシリーズ
ATPリピッドゲル ATPゲルローション ATPベビーゲルクレンジング
セラミド化粧品
セラミド化粧品
ATPスキンケア
トライアルセット超特価

素肌にやさしい天然ゲルとは
ATPリピッドゲルATPゲルローション サンプルプレゼント


▼関連グッズ&情報 
天然ゲル化粧品 とは
ATPシリーズ 詳細
超酸性水
シジュウムとは
環境やさしい洗剤

健康食品
ビタミン、ミネラル不足はお肌の大敵です!

ミネラル&ビタミン 
杏林予防医学研究所

肌に悪影響を及ぼす毒素
有害物質対策
毛髪検査

入浴用品
水道水の塩素は肌を確実に傷めます。

シャンプー 石鹸

人気商品のお知らせ
顔のむくみ、いびき、アレルギー・アトピーなどの原因 口呼吸を正しい鼻呼吸に
小顔 いびき防止リップトレーニング
口コミで人気スリムホホ
顔、口運動のリップトレーニング器具。小顔などの美容から、口呼吸を止めて鼻呼吸にすることで、いびき対策、アレルギー対策、口臭対策などに人気です。


リップトレーナーユーミー
オメガ3油60%以上含有

無農薬有機フラックスオイル
油について

天然ビタミンCサプリメント

ビタミンB群サプリメント

B-50コンプレックス
B-100コンプレックス

無農薬無添加サプリ
25種のミネラル・ビタミン
マルチミネラルビタミン

複合酵素食品
酵素
マルチザイム
アミノ酸サプリメント
アミノ酸キレート剤サプリメント 亜鉛 ミネラルも配合 解毒に

大豆レシチン天然100%サプリメント
大豆レシチン天然サプリメント顆粒

食べるセラミド食品シモン芋
セラミド食品シモン芋

ヒアルロン酸グルコサミン
天然グルコサミン(ヒアルロン酸)高濃度含有サプリメント

ミネラルサプリメント
ビタミンサプリメント
レシチンアミノ酸
酵素食品
オメガ3脂肪酸食品



▲ページのトップへ







スキンケア
肌のトラブル
上手なスキンケア
上手な洗顔方法
肌を傷つける要因
UVケア
健康
ミネラル ビタミン
デトックス 解毒
赤ちゃんの健康
活性酸素
口呼吸と鼻呼吸 
食事と健康
遠赤外線
商品
天然ゲル化粧品
セラミド化粧品
シジュウム
エンバランス
杏林予防医学研究所

商品詳細一覧



▲ページのトップへ

≪肌のトラブル MENU≫

肌のトラブル
肌のしくみ新陳代謝
天然セラミドとは
肌を傷つける要因
肌に必要な栄養素
あなたの肌タイプを判別
上手なスキンケアの手順
肌トラブル別アドバイス
赤ちゃん,子供,妊婦,老人性の場合

肌のしみ 原因と対策
上手な洗顔方法
石鹸の場合
クレンジングの場合

当サイトへのリンクはフリーです。当サイト内の文章・画像の無断使用・無断転載を禁じます。